先渡取引

先渡取引とは、企業などが行う取引の一つになり、現在から先の時点において、あらかじめ定めている価格で、商品などの銘柄を売買する取引と予約することを目的とした取引方法になります。

この先渡取引は、主に店頭取引で行われ、取引の約定を行う際には売る手と買い手側が一対一になる、相対取引の形になります。この相関関係の中、短期トレードで注目されているのがhttp://www.ハイローオーストラリア.jp/という手法です。

よく似た形の取引に、先物取引というものがありますが、この先物取引と先渡取引では、取引の流れそのものはほとんど一緒になりますが、この二つには大きな違いが存在しているために、それぞれが別の投資取引であるとされています。

先渡取引の大きな特徴の一つは、相対取引で行われるという点になり、相対取引は先にもある通りに一対一の取引になりますので、不特定多数の取引の参加者が同じ取引ルールのもとにおいて、さまざまな条件を提示しあい、その条件が見合い次第に取引が成立していくという市場取引とは違ったものになります。



市場取引では、あらかじめ一定の定められた取引ルールの中において条件を出し売買取引が行われることになり、その取引の量も大量でありまた時間もかからずに取引が行えることが一般的ですが、相対取引は一対一の取引になるために、それぞれの取引の条件をよく鑑みて取引を行うことができ、また、その条件も様々に設定付けができる事が特徴になります。

これにより、どのような取引対象、銘柄を選択するのか、また、取引される対象や銘柄の数量はどのぐらいを取引するのか、もちろんその取引を行う際の価格や、実際に取り交わした約束を実行して決済を行う期日を決めることに関しても、買い手と売り手のそれぞれの状況や条件などを、細かく盛り込んでから約定をすることができ、それらの交渉にかかる時間も比較的に余裕があるものものになります。

このようにして、売り手と買い手の双方が納得がいく状態になって、初めて約束が成立するのがこの先渡取引ですが、こうした特徴ゆえ、取引を行う際には時間がかかるために、例えば決済期日の前に、これに相反する反対取引を行おうとしても、取引の条件が細分化しているために、取引相手を見つける事が難しいという点があります。

また、先渡取引は、現物取引を行う決済方法であり、これを取り扱う取引業者などに委託証拠金を支払って行う取引ではなく、現物の取引を行う取引であるというものも特徴の一つになっていて、こうした証拠金がないために、信用の面においてのリスクが高いという点も、先渡取引を行う際には考える必要がある部分になります。